宝くじの当たる買い方

数字で分かる、宝くじが当たる人生とは

  • はじめて宝くじを買うけど、本当に当たるのか?
  • 買ったことはあるけど高額当選はしたことがない
  • いったい、どんな人が宝くじにあたっているのか?
  • 宝くじの当たる買い方があるのなら知りたい

 

 

宝くじを一度でも買ったことのある人、これまで買ったことはないけど興味がある、という人の夢見ることは宝くじの高額当選だろう。

 

たとえば、グリーンジャンボ・ドリームジャンボ・サマージャンボ・オータムジャンボ・年末ジャンボ、と一年間に5回販売されるジャンボ宝くじの場合、1等の当選金額は5億円、さらに前後賞それぞれ1億円を加えると7億円を手にすることができる。

 

宝くじの前後賞

 

普通の一般庶民が7億円を引き当てたら、もう「人生あがり」である。
お金のために人に使われながら働く必要はないし、贅沢をしなければ欲しいもののほとんどを買うことができる。

 

超低金利の日本にあっては、宝くじの当選金を貯蓄して金利だけで生活していくのは若干厳しいかもしれない。
しかし、仮に年率1%の運用利回りがある金融商品に投資し続ければ、毎年700万円の利ざやを稼ぐことができる。

 

働かないで、年収700万円はオイシイだろう。

 

いや、投資なんてしなくたっていい。
少々古いデータだが、平成22年調査の大学卒サラリーマンの平均生涯賃金は2億5000万円に過ぎない。

 

サラリーマンの生涯賃金データ

 

普通のサラリーマンは、このお金の範囲で結婚し、子供を育て、車や家を買って、生活していく。
ジャンボ宝くじに当たれば、前後賞なしだとしても平均生涯賃金の2倍に相当する。

 

宝くじに当たることの威力が十分に分かるだろう。

 

そう、宝くじの高額当選というのは、誰にとっても夢のまた夢なのだ。

宝くじが当たる売り場で確実に買う方法

宝くじの高額当選が、日本一多い売り場といえば「西銀座チャンスセンター」。
昔は、この「数寄屋橋売り場」って言ってたような気がするのですが・・・・、記憶違いかな。

 

 

うえの動画は、西銀座チャンスセンターでジャンボ宝くじを購入する行列がおさめられている。
宝くじ購入に縁起の良い「大安」だそうだ。

 

行列の長さにまず驚かされる、最後尾は「ここから2時間」とうたっているから、みな我慢強い。

 

 



 

とにかく、ハンパない人気の西銀座チャンスセンター。
勇んで銀座まで宝くじを買いに来たものの、長い行列に嫌気が差して、近くのみずほ銀行まえの窓口で買ったりしていないだろうか。

 

  • 地方に住んでいて、よく当たる売り場で買えない
  • 仕事があって、大安に宝くじを買うことができない
  • 家族の冷たい視線をよそに2時間並ぶことができない

 

買えないけど、買いたい!

 

このジレンマをビジネスにしている業者があります。
これなら、当たる売り場で確実に宝くじを買うことができます。

 

最大手 → 日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】

この行列の中に当選する人がいる現実

人気があるから宝くじの本数(枚数)が多く出る。
そして、売上本数が突き抜けて出るから、毎回一等が当選する。

 

これが、西銀座チャンスセンターで毎回ジャンボ宝くじの一等当選が当たるという現実なんです。

 

ジャンボ宝くじの一等、当選確率は1万分の1です。
西銀座チャンスセンターはジャンボ宝くじを毎回一万枚以上余裕で売り上げます。

 

もう、単純に確率なんです。
しかし、この行列の中に宝くじ一等に当たる人がいるという現実は揺らぎません。

 

あとは、だれに当たるかなんですね。

 

加えて、宝くじの当選は一等だけではありません。

 

宝くじの当選一覧

 

3等当選の100万円でも4,900本当りがあります。
1等から3等までの高額当選の合計本数は、9,996本ありますね。

 

必ずしも一等でなければいけないと思えないのは私だけでしょうか・・・。

代理購入の手数料は交通費でペイできる

 

  • 自分で購入したという満足感がない
  • 代理購入に手数料がかかる

 

宝くじを当たる売り場で購入してもらうときに感じるデメリットは、以上の二つでしょう。

 

 

「自分で購入したい」「会社を休んでも並びたい」という人には、代理購入は向かないでしょう。
私は、「2時間待たされている間に映画が一本観れるな」と感じます。また、有楽町までの往復に3時間はかかるので、ほぼ一日仕事です。

 

「自分で買う」という満足感がそれに勝るかといえば、(私の場合)そうではなく、できれば「自由な時間を買いたい」と考える性分です。

 

宝くじ代理購入の手数料

 

宝くじを、よく当たる売り場で買ってもらうには手数料がかかります。

 

でも、あなたの住んでいるところから銀座・有楽町まで行くのに交通費はいくらかかりますか。
往復の交通費よりも安いのであれば、冷静に考えてお得です。

 

また、「自分の時給はいくらに相当するか?」と考えるとリタイアした人以外では代理購入が合理的でしょう。

 

 

ジャンボ宝くじ発売の大安には、テレビで「新幹線に乗って宝くじを買いに来た人」などが放映されます。
こういう人は3万円とか5万円分くらいをいっぺんに購入します。

 

でも冷静に考えれば、新幹線の乗車料金を節約し、代理購入でその分多く宝くじを買えば、間違いなく当選確率は上がります。
まあ、楽しければそれでいいのかもしれませんが・・・。

行列にならばなくてもワクワク感はある

 

「宝くじは自分でならんで買うから楽しい」という人もいるでしょう。
そういう楽しみは否定しません。

 

時間が許す人は、自分の好きなことを思う存分やるべきでしょう。

 

毎回ジャンボ宝くじで一等が出る売り場というインパクトは絶大です。
妥協して近所の宝くじ売り場で買うことがもったいなくなりますね。

 

  • 自分で買って当たらない宝くじ
  • 他人に買ってもらっても当たる宝くじ

 

 

代わりに購入してもらってから、一週間で宝くじは手元に届きます。

 

「毎回ジャンボ宝くじで一等が出る売り場で買った宝くじ」が手元にある気分は、きっとワクワクしますね

 

私も、一度はお願いしたいサービスです。